前へ
次へ

遺品整理の場所が自宅から離れているとき

子供は大人になり結婚などをすれば実家を離れ別に家庭を持って暮らすようになります。代々受け継がれた家な

more

相続とみなされない遺品整理を知る

相続の開始を知ってから何か月以内に何かをしなければいけないとされ、相続税の申告なども期限内に行わなけ

more

遺品整理は業者に全て任せられる

家族が亡くなってしまったときに、遺品整理をすることがありますが、専門業者に全て任せてしまったほうが安

more

遺品整理で先に進めた気がします

妹が亡くなり、私の心の中にはポッカリと穴が空いてしまったような状態になっていました。もちろん、私の悲しみと比べると、きっと子どもを亡くした両親の悲しみは、もっともっと大きかったかもしれません。ただ、私自身もすごく悲しく感じており、いつも妹のことを思い出しては、悲しみにくれていました。その時点で時が止まってしまっているような状態だったのも覚えています。ただ、そうして悲しみに浸っている反面これではいけないと感じている自分もいました。そこで思い切って遺品整理を依頼してみることにしました。もともと遺品整理は祖母の遺品を片付けてもらうために利用した経験があるので、どんな感じなのかというのはすでに知っている状態でした。妹の荷物自体はそれほど多いわけではないので、片付けようと思えば自分たちで片付けることもできたかもしれません。ただ、悲しすぎてなかなか手をつけることができないし、最後まで片付け続けられるか自信がありませんでした。だから業者を利用し、半ば強制的というと誤解されてしまうかもしれませんが、とりあえず逃げることができない状況を作ることにしました。ただ、実際の作業自体は、こちらにいろいろと確認してくれたので、全く強制的という感じではありませんでした。ほんの些細なものでも残したいと言ったら残してくれたので、妹のものが全部なくなってしまったというわけでもありません。新たなスタートを切るために、ちょうどいい塩梅にしてもらえた、そんな感じが最も適しているのかもしれません。妹の思い出は残しつつちょうど生活しやすい感じにしてもらえた気がします。まだまだ思い出してしまうことはありますが、今の状況を受け入れて、そして前を見て進めるような、そんなきっかけになった気もします。利用するかどうか正直悩んだりしたいときもあったのですが、利用すると最終的に決めて、そして依頼して作業をしてもらって本当によかったと感じています。

ゴミ袋1つからゴミ屋敷まで、なんでも回収します!
お電話1本ですぐに依頼可能!大阪で地域の皆様の暮らしを支える不用品処分業者「エコループ」

家電などの処分もおまかせできます
冷蔵庫などの処分する際に手続きが必要な品も法に則って処分してくれるので、安心してご依頼いただけます。

親身になって対応してくれる埼玉の遺品整理業者
わんぱくお掃除隊はご家族様に寄り添ったお片付けをお届けしております

有資格者による遺品整理を名古屋の皆様にお届け
安心そして確かな遺品整理をご提供させていただきます

Page Top